ここでは Switzerland でご利用いただける情報および製品を表示しています。異なる地域を選択するには、こちらに国名をご記入ください:

サステナビリティ

ユーザーにも地球にも優しい製品

SICO®のミッションは、地球にやさしく、サステナブルなソリューションをお客様にお届けし続けることにあります。私共の製品コンポーネントは極めて高品質であり、他社製品と比べ製品寿命が大幅に長いのが特徴です。これは素材の使用、廃物回収、廃棄、埋め立て処理の使用、廃棄費用、移送費用、ダウンタイム、修理費用の減少につながります。

SICO®は一企業として、サステナブルで地球にやさしい製品ソリューションと長期間にわたりご使用いただける製品とのギャップを埋めるため、真摯に務めています。私共は世界中のお客様に対し、投資価値が認められる高品質の製品をお届けすることにコミットしています。さらに、私共は常に新たなサステナブル素材の研究も行っております。

greenguard_logo

GREENGUARD® 認証:

その努力の成果の一環として、弊社製品の数々はGREENGUARD®認証を受け、またその数はさらに増え続けています。これらの製品はすべて厳格な独自試験プログラムを通過し、室内空気への化学物質の排出についてGREENGUARD®認証機関の基準に適合していることが認められています。SICO®テーブルおよびその他の製品で認証ロゴをお確かめください。

GREENGUARD® Gold 認証:

その努力の成果の一環として、弊社製品の数々はGREENGUARD® 認証を受け、またその数はさらに増え続けています。これらの製品はすべて厳格な独自試験プログラムを通過し、認証機関UL Environment Incの高い基準に適合していることが認められています。SICO®テーブルおよびその他の製品で認証ロゴをお確かめください。

環境にやさしい素材:

  • 中密度繊維板(MDF)トップコア材料は、Forest Stewardship Council®によって運営されているFSC®認証(C131372)CoC方式の下にある材料から製造されています。 SICO®に供給されるMDFコアは、その構造中にかなりの量のリサイクル/回収された材料を特徴とし、BSEN 622-1:2003に準拠しています。
  • トランジットケースに使用するすべての紙ベースの段ボール包装は完全にリサイクル可能であり、可能であればFSC®認定(C131372)の紙素材から製造されています。 すべてのインナーライナー紙およびフルーティング材料は100%再生紙から作られています。 外側のライナー紙は、持続可能な林業からの再生材料20%と未使用の木材パルプ80%であるクラフト紙から製造されています。
  • 再生および再利用可能なコンテナおよびパレット。
  • 企業間での素材配送の大半は、使い捨て紙材/木材包装から永久、再利用可能、
    折り畳み可能な包装材の使用へと変化し、廃材、移送費用、使用燃料の減少に役立てられています。
  • パウダーコーティングは、過剰な塗装を排除する環境にやさしい手法であり、
    ホルムアルデヒドあるいはVOCを放出することのない非中毒性の表面加工を施します。

環境にやさしい製造過程:

  • 製造過程で生成された金属スクラップはリサイクルされます。
  • 材料を扱う機器は液体プロパンガス内燃機関からゼロ・エミッションの電気ユニットへと交換されています。
  • クーラント液を要する工場機械は、閉ループシステムで水性素材を使用しています。
  • SICO®では工場の照明を高効率、省エネルギー照明に交換しています。
  • SICO®の塗装済みコンポーネントはパウダーコーティング手法で塗装されていますが、閉リサイクルシステムを使用することで飛散したパウダーを無駄にすることなく再利用しています。洗浄前の液体は最大限リサイクルされ、廃棄の場合は事前に処理されます。

その他:

  • SICO®は現在、印刷素材および記録保持方法を電子記録システムに大幅に変換しています。これにより、情報やファイルへのアクセスに印刷素材、ファイルボックス、移動などの必要がなくなり、紙類や金属製のファイル棚などを最小限まで減らすことができます。
  • また印刷の必要がある場合は、再生紙を使用するよう努めています。
  • SICO®のオフィス内サポートスタッフは、古紙、アルミ、プラスチック、スチールのリサイクルにコミットしています。
  • 過去に印刷された文書類は大幅に廃棄され、顧客の皆様には包括的なウェブサイトを通じてすべての製品説明、情報、部品リストなどにアクセスしていただけます。

まとめ:

SICO®は今後とも耐久性が高く再生可能かつ再利用可能なリソースから生成された新たな資材について投資と研究を続けていく所存です。弊社の製造過程は、廃棄の最小化と製造過程での副産物のリサイクルに対する考慮も反映しています。